増大手術は保険適用されるのでしょうか。

保険

 

ペニス増大でも、増大手術となると、どうしても多額の費用がかかってしまうのでは?と思うかもしれません。

 

増大手術も、メスは使わず注射だけで済むものから、切開手術まで、方法は様々で、費用的にも3万円くらいからトータルで数10万の費用がかかるものまであります。

 

保険が適用されるのなら、いくらか費用も抑えられるのでは?と思うことでしょうが、医療機関での手術の場合、たいていは保険は適用されません。
これは、ペニスのサイズの大小は、生殖機能に特に影響が無いためです。

 

ただし、包茎手術の場合、保険が適用されるケースもあります。

 

包茎手術を行うことで、亀頭が剥きだしなると、ペニスの形が理想の形に近くなりますし、通常時、むき出しになったペニスが下着と擦れる事で刺激を与え、増大の効果が生じることもあります。

 

ただ、包茎手術でも、保険が適用されるのは日常生活で支障をきたすと認められた場合で、真性包茎とカントン包茎のみとなります。

 

保険が適用できるクリニックと、適用できないクリニックがあるのはなぜ?

 

保険適用外

 

ペニス増大手術は様々な方法がありますが、現在主流となっているのは3つの方法があります。

 

まず、コラーゲン、ヒアルロン酸を亀頭の部分に注射し、亀頭を大きくする方法です。
二つ目は、体内に埋もれたペニスを、体外へ引っ張りあげることで増大させる手術です。
三つ目は、コラーゲン、ヒアルロン酸注射を亀頭以外の部分にも注入することでペニスを太くする陰茎増大術です。

 

最近は、こうした増大手術を行う美容クリニックも増えていますが、美容クリニックでの手術の場合、保険は適用されません。

 

ただし、真性包茎、カントン包茎の手術の場合、保険が適用されます。
通常は、保険適用の包茎手術は病院の泌尿器外科で行うことになりますが、最近は、美容クリニックでも保険適用の包茎手術を行ってくれるところがあります。

 

保険適用の包茎手術を行うクリニックの場合、包茎手術以外にも、増大手術を行ってくれるところがあります。

 

保険適用の手術を行うクリニックなら、ある程度技術的にも信頼できると言えるので、増大手術を考えるのなら、まずはこうしたクリニックで相談すると良いでしょう。

 

保険適用で手術を受けた場合、会社や家族にバレる可能性があるのでしょうか?。

 

バレる

 

包茎手術は、保険が適応されない安い費用で行った場合、やはり手術跡が残ってしまう可能性があるようです。
ある程度費用がかかり、最新の技術で熟練された医師による手術なら、傷跡は目立たなくなるので、やはり信頼できるクリニックで保険が適用される手術を受けることでしょう。

 

ただ、術後すぐはどうしても手術の跡が残りますが、数ヶ月から1年くらい経てばほとんど目立たなくなります。

 

会社の慰安旅行などで、他の社員と一緒に風呂に入る場合でも、よほど注意してみることが無い限り、バレることはありません。
家族の場合でも同様ですが、パートナーとのセックスの際、すぐ近くで見られることでバレるのを防ぐには、部屋を薄暗くしておくなどの工夫をすると良いでしょう。

 

保険適用外で増大手術を受けた場合でも、注射による方法は傷痕などは残らないので、会社や家族にバレることはありません。
メスを使う手術でも、切る部分は陰茎部付け根の、陰毛に覆われているほんのわずかの箇所なので、傷跡はほとんど目立ちません。

 

手術以外の増大方法と、かかる費用を比較すると

 

費用

 

ペニス増大で、手術以外の方法としては、ペニス増大器具を使い、ペニスを外から引っ張ったり、膨張させたりして増大させる方法があります。
また、ペニス増大サプリを使う方法もあります。

 

費用的にはペニス増大サプリが一番安く、1ヶ月1万円程度になりますが、効果を得るには最低でも3ヶ月〜半年くらいは飲み続ける必要があり、効果にも個人差があります。

 

ペニス増大器具の場合、価格は1〜4万円くらいで、手術と比べれば安く済みます。
ただ、これも効果を得るにはある程度の期間続ける必要があり、使用方法に注意しないとペニスの病気になったりする恐れもあります。

 

増大手術は保険が適用されるの?ココで疑問が解決!まとめ

 

手術

 

美容クリニックでの増大手術は、基本的に保険は適用されません。
ただし、真性包茎、カントン包茎の場合の包茎手術は保険が適用されます。

 

保険が適用される包茎手術を行っているクリニックなら、ある程度信頼できるクリニックと言えるでしょう。
増大手術を行う場合でも、保険が適用される包茎手術を行っているクリニックで相談すると良いでしょう。