ゼクナールとヴィトックス、どちらも人気の増大サプリですが、その理由は?

ゼクナール

 

今、増大サプリでも注目されているのがゼクナールです。

 

増大サプリの中でも比較的新しい商品ながら、増大サプリでも売上で長年トップにランクされているヴィトックスに迫るくらいの人気となっています。

 

そこで、ヴィトックスと比べ、どのような独自の特徴があるのか検証し、人気の理由を探ってみたいと思います。

 

>>>ゼクナールの詳しい成分などを知りたいのならコチラへ!

 

 

ヴィトックスの特徴は?

 

ヴィトックス

 

ヴィトックスは、ペニス増大サプリの中でも人気ランキングでトップレベルに位置する商品で、アメリカでは20週連続で1位にランクされるなど、長期にわたって人気を保持し続けています。

 

アメリカ生まれのサプリメントですが、日本では日本人の体質に合うよう改良された商品が販売されています。
ヴィトックスの特徴として、ペニス増大のために必須となるシトルリンの量が、他の増大サプリと比べてもたっぷりと配合されていることがあります。

 

これに加え、シトルリンを始めとしたアミノ酸系の成分のほか、スッポン、ヤツメウナギ、蜂の子などの動物系成分、マカ、ウコン、トンカットアリなどの植物系成分と、精力増強のための成分が100種類以上もバランスよく配合されています。

 

また、いつまでも若々しさを保てるとして非常に注目されている成分で、ポリフェノールの1種、レスベラトロールが配合されているのは、ヴィトックスならではの特徴となっています。

 

ペニス増大サプリの場合、毎日きちんと飲み続けるのが大事で、最低でも3ヶ月以上飲み続けることで効果が実感できるようになると言われています。
ヴィトックスの場合でも同様ですが、実際に試してみた人の中には、比較的早く効果を得られた、という人も多いようで、中には、飲み始めて3日で朝勃ちが復活した、という人もいるみたいです。

 

ゼクナールの、ヴィトックスに無い特徴とは?

 

ゼクナール

 

ゼクナールの場合、成分で見てみると、こちらもペニス増大効果があることでよく知られたシトルリンとアルギニンが配合されています。

 

シトルリン、アルギニンなどのミネラル成分に加え、動物系、植物系の成分なども比較すると、ヴィトックスは100種類を超えた成分が配合されています。
これに対し、ゼクナールに含まれた成分は約60種類となっています。

 

ただ、各々のタブレットの重量を確かめてみると、ヴィトックスの場合、3粒で10.5gとなっていますが、ゼクナールの場合、有効成分配合の2粒で16.92g(3粒合計だと24.42g)となっています。
つまり、内容量で見れば、ゼクナールの方が約1.5倍多いということになります。

 

ヴィトックスの場合、配合された成分の種類は豊富ですが、各々の成分量自体は少なく、内容量で見れば、ゼクナールの方が充実していることになります。

 

また、ゼクナールの大きな特徴として、必須ミネラル成分カプセル、必須動植物成分タブレット、効率吸収サポートタブレットと、3種類で構成されているところがあります。
有効成分が配合されたカプセル、タブレットの他に、吸収の良さをサポートするための専用のタブレットが用意されているところに注目です。

 

例え様々な有効成分が豊富に配合されていても、きちんと体内に吸収されなければ、そのまま尿として体外に排出されてしまい、意味が無いことになってしまいます。

 

このため、サプリメントの場合吸収効率の良さも大事となりますが、ゼクナールは、効率吸収サポートタブレットで、活性乳酸菌とマイナス水素イオンの相乗効果により吸収率を高めているのが独自の特徴です。

 

ペニス増大サプリでも、このように吸収率の高さを重視しているのはゼクナールだけとなっています。

 

さらに、ゼクナールは、血管の若返り効果があるとされる生姜の中でもトップに位置すると言われている、天然ロットンダが配合されています。
古代インドネシアの王族のみが使っていたという幻の成分で、一般的な生姜を上回る素材として知られたクラチャイダムと比べても、稀少性でロットンダのほうが上回るとされます。
この天然ロットンダが、約250rと豊富に配合されているのです。

 

こうしたことから、ペニス増大サプリで、まずはヴィトックスを試してみたものの、あまり効果は得られなかったのが、ゼクナールを試してみることで満足のいく効果が得られた、という人も結構いるみたいです。

 

これ以外、ヴィトックスは日本人の体質に合うよう改良されていますが、元々はアメリカ生まれのサプリメントです。
ゼクナールは、原料にこだわった国内GMP認定の工場で製造されているので、品質的にも安心となっています。

 

飲み方として、ヴィトックスの場合、1日の目安とされる1〜3錠を、寝る前にまとめて飲むことが推奨されています。
ゼクナールの場合、1日に3種類を各々一粒ずつ好きなタイミングで飲むようにします。

 

ゼクナールの方が3種類飲まなければいけないので面倒なように思われるかもしれませんが、飲む時間帯は決められていないので、飲みやすい時間帯に飲むようにすれば、きちんと飲み続けることが出来るでしょう。

 

ゼクナールとヴィトックスを価格で比較してみると

 

価格比較

 

ヴィトックスは、1箱(30日分)の通常価格は19,800円(税抜)となっています。

 

ただ、公式サイトからの購入だと1箱12,800円(税抜)、2箱だと24,550円、3箱だと34,560円、5箱だと51,200円と、まとめ買いで価格的にお得となり、個数が増えるほど割引の額も大きくなります。

 

また、ヴィトックスは時折キャンペーンも行っていて、キャンペーンを利用すればプラス1箱プレゼント、さらにリキッド付き、などの特典もあります。

 

ゼクナールの場合、公式サイトだと1箱(30日分)だと12,800円(税込)ですが、こちらもまとめ買いの割引があり、2箱だと24,700円(税込)、3箱だと35,400円、4箱だと44,600円、5箱だと51,200円と、まとめ買いをすることでよりお得な価格で購入できます。

 

価格で見れば、どちらがお得なのかは一概に言えませんが、どちらもキャンペーンなどをこまめにチェックすることで、よりお得な価格で購入できるでしょう。

 

ゼクナールとヴィトックスを比較してわかった、他にない特徴は?まとめ

 

比較まとめ

 

ゼクナールとヴィトックス、どちらも他の増大サプリメントと比べ、比較的短期間で効果が実感できるようになるみたいです。

 

ただ、ヴィトックスはシトルリンの量が多いことが理由のようですが、ゼクナールの場合、必須ミネラル成分カプセル、必須動植物成分タブレットに加え、効率吸収タブレットも用意することで吸収率を高め、より効果が現れやすいようにしているのが注目すべきところでしょう。

 

ヴィトックスは増大サプリメントでも長期にわたって高い評価を得ています。
これに対し、ゼクナールはまだ新しい増大サプリメントなのですが、既に使ってみた人からは99%の満足度を得ています。

 

これは、必須ミネラル成分カプセル、必須動植物成分タブレット、効率吸収サポートタブレットと、3種類の独自の構成によるものでしょう。
このため、ゼクナールも今後はさらに評価が高まるものと見られます。

 

これまでいろいろなペニス増大サプリを飲んでも効果が得られなかったとか、少しばかり変化はあったものの、サイズの大きな変化は無かった。
こうした人も、ゼクナールは試してみる価値があるでしょう。

 

>>>ゼクナールは公式サイトからの購入がお得です。まとめ買いでさらにお得となります!