自分のチンコが果たして本当に小さいのか、はっきり知る方法は?

自分のチンコが小さいのか知る方法

 

自分のチンコが小さいのか知る方法としては、まずは実際にチンコのサイズを測ってみることです。
測り方としては、チンコが勃起した時に、ペニスの付け根にある恥骨に軽く定規を押し当てて、亀頭の先までのサイズを測ってみます。

 

チンコのサイズを測定するための測定器「ぽこちん調査」もあります。
定規の目盛に加え、チンコの太さを測定する基準となる穴がいくつか空いていて、意外と使いやすくて便利です。
目盛には、各国の外国人の平均値も書かれています。

 

こうしたもので実際に測ってみると、案外自分のチンコは小さいものではないことがわかるでしょう。

 

あるアダルトグッズのメーカーが50万人分のデータから調査した、日本人の平均ペニスサイズは、ペニスの長さは13.56センチ、亀頭部分の直径は3.53センチ、陰茎部分の直径は3.19センチとなっています。

 

たいていの人は、実際に測ってみると、自分のチンコのサイズは日本人の平均的なサイズに近いことがわかるでしょう。

 

自分のチンコの大きさを確かめるのは、無修正の素人動画を見て比較するのが効果的

 

無修正

 

AVやエロビデオに出演している男性のチンコを見てみると、立派な人が多く、これと比べれば、自分のは何と小さいのか、と思ってしまうかもしれません。
でも、AVやエロビデオの場合、チンコが大きい男性を選んで出演させているので、皆が皆、自分と比べてチンコが大きいというわけではないのです。

 

また、モザイクがかかっている場合、チンコの周辺も含めてぼかしているので、どうしてもチンコが大きめに見えてしまうのです。
いざモザイクを消去してみると、意外と男性のチンコは小さいものです。

 

実際、無修正の素人動画を見てみると、どの男性のチンコも大して大きくはないのがわかるはずです。

 

何人かみて、小さいと思えば短小の可能性が有るのでしょうか

 

銭湯

 

自分のチンコの大きさが気になる場合、どうしても銭湯などで、他の人のチンコが気になることでしょう。

 

ただ、銭湯などで他人のチンコを見る場合、少し距離を置いてチンコの部分の全体を見るため、どうしても自分のと比べて大きいように見えてしまうのです。
つまり、何人かの人のチンコを見て、自分より大きく見えてしまうのは、たいていは単なる目の錯覚なのです。

 

やはり、自分のチンコが本当に小さいのかどうかは、実際に測ってみることでしょう。

 

日本人のチンコの平均的なサイズは、約13センチとされていますが、勃起時に測ってみて、10センチ以下なら短小ということになります。
でも、こうしたケースは日本人男性の10%くらいのようです。

 

他人と比べてみて、自分のチンコの大きさがあまり差が無いようなら、短小ではないので気にする必要はありません。
でも、どのような人たちと比べると良いのでしょうか?

 

AVやエロビデオに出演している男性の場合、元々チンコが大きい男性を選んで出演させていることが多いので、比較の対象にはなりません。
やはり、銭湯などで、さりげなく他の男性のチンコを見てみると良いでしょう。

 

実際のところ、勃起した時のチンコの膨張率は個人差があるため、あまり見た目だけでは比較できないのですが、何人かの人と比べて特に自分のチンコが小さいように感じないのなら、短小ではないのです。

 

自分のチンコが小さいのか知る方法は?コレを知れば不安も解消!まとめ

 

自分のチンコが小さいのか知る方法

 

自分のチンコが小さいのかは、まずは実際に測ってみることです。

 

日本人の平均ペニスサイズは、ペニスの長さは約13センチ、亀頭部分の直径は約3.5センチ、陰茎部分の直径は約3センチとなっています。
ペニスの付け根の恥骨に軽く定規を押し当てて、亀頭の先までのサイズを測ってみれば、自分のチンコは決して小さいものではないことがわかるでしょう。

 

銭湯などで他人のチンコが大きく見えるのは、単なる目の錯覚なのです。