チンコの成長時期は何歳まで?限界ってあるの?

チンコの成長時期

 

 

チンコが成長する年齢には限界があるのでしょうか?

 

今回は、何歳までチンコが成長するのか、そして成長時期が終わってから成長させる方法について紹介します。

 

チンコのサイズで悩んでいる人は是非参考にしてください。

 

何歳まで成長するのか

 

何歳まで

 

基本的に、チンコの成長期は身体の成長期と同じです。
つまり、10代の成長期にチンコも増大していきます。

 

成長期には成長ホルモンや、男性なら男性ホルモン、女性なら女性ホルモンがたくさん分泌されます。
そして、性別に見合った体つきに成長していくのです。

 

20代になる頃に成長期が終わり、チンコの成長も止まってしまいます。

 

成長時期が終われば成長しないのか

 

成長時期

 

身体の成長期が終わってしまうとチンコの成長も止まります。
ということは、10代のうちに巨大なチンコに成長しなかった人は諦めなければならないのでしょうか?

 

実はそんなことはありません。

 

成長期を過ぎてしまった20代以降の人でも、チンコを成長させることができます。
チンコを成長させるため、成長ホルモンや男性ホルモンがたくさん分泌させればよいのです。

 

成長期が終わってしまっても、成長期と同じような状況を作ってあげるわけです。
そうすれば、チンコは再び成長し始め、大きくなっていきます。

 

どうすれば成長期が過ぎても大きくできるのか

 

サプリメント

 

では、実際にどうすれば成長期が過ぎても成長期と同じ状況を作れるのでしょうか。

 

大切なのは、成長ホルモンと男性ホルモンの分泌です。
そのために必要なことは、サプリメントを飲むことです。

 

普段生活していて、成長期のようにホルモンを分泌させることは非常に難しいです。
食べ物でもホルモンの分泌をさせることができますが、そのためには大量に食べなければなりません。
しかし、サプリメントを飲むことで、簡単にホルモンを分泌させることができます。

 

サプリメントといっても、コンビニなどでよく見るビタミンや鉄分サプリメントではありません。
チンコを成長させてくれるサプリメントは、ペニス増大サプリとして販売されています。

 

このペニス増大サプリは、成長ホルモンと男性ホルモンの分泌を促す成分で作られています。
例えば、シトルリンやアルギニンといった成分です。

 

さらに、安眠できる効果のあるトリプトファンが配合されているものもあります。
なぜ安眠できると良いかというと、人間は寝ている間に最もホルモンを分泌するからです。

 

しっかり眠りホルモンをたくさん分泌することで、成長期が終わってもチンコを成長させることができるのです。

 

ペニスが成長しなかった原因とは

 

包茎

 

成長期にチンコが大きくならない理由は様々あります。
個人によって大きさがそもそも違いますし、遺伝もあります。

 

一つあげるとすれば、包茎です。

 

包茎は普段チンコが皮に包まれている状態です。
成長期でチンコが大きくなろうとしているのに、皮が邪魔をして成長しにくくなってしまうのです。
そのため、成長期に包茎だとチンコが成長しないことがあります。

 

成長期を過ぎた人がペニス増大サプリを飲んでも成長しないということがあります。
よくネット上に体験談が書かれています。
なぜ成長しなかったのか、その原因で最も多いのは、お酒とタバコです。

 

お酒のアルコールを分解するために、アミノ酸が必要です。
増大サプリの主成分はアミノ酸なので、せっかくサプリを飲んでもアルコール分解のために消費してしまいます。
チンコが成長するために成分が活かされないので、成長しないのです。

 

タバコに含まれるニコチンは血管を細くし、血流を悪くします。
血流が悪くなるとチンコに血液が送られにくくなり、栄養が運べなくなります。
増大サプリには血流を良くする効果もあるのですが、ニコチンによって効果が打ち消されます。

 

お酒とタバコは増大サプリにとって天敵と言えるでしょう。

 

チンコの成長時期についてのまとめ

 

成長時期まとめ

 

チンコは基本的には、10代の成長期に大きく成長します。
成長期を過ぎてしまうと体の成長が止まり、チンコの成長も止まります。

 

しかし、ペニス増大サプリを飲むことで成長を促すことができます。
なぜなら成長ホルモンや男性ホルモンを分泌させてくれるからです。
成長期を過ぎた20代以降でも、チンコを成長させることができるのです。

 

ただし、お酒やタバコは増大サプリの効果を打ち消してしまうのでやめましょう。